転職先におすすめ!コールセンター看護師とは

コ-ルセンター看護師

群馬の看護師求人で
目指せキャリアアップ♪


コ-ルセンター看護師ってご存知ですか?
ここでは、コールセンター看護師とはどのような仕事をしているのか紹介します。

転職が有利なコールセンター看護師

コールセンターのイメージ写真メディカルコールセンターや医療相談コールセンターでは、看護師資格を活かした仕事が可能です。
コールセンターとは、電話やメール対応を専門に扱う部署で、相手と直接顔を合わせることはありませんが、看護師としての臨床経験や知識を生かして相手とやり取りをします。

在宅で自己注射が必要な患者に使用方法をアドバイスしたり、医療施設の紹介や救急出動の依頼など状況に合わせた決断力と柔軟性が必要とされる仕事で、声と言葉だけで色々な状況を把握しなくてはならないので豊富な経験が求められます。

ただ、看護師が全ての病状を完璧に把握するわけにはいきませんから、専門外の相談内容が来た場合は、状況に応じて他のスタッフへ引き継ぐなどして解決しなくてはなりません。
もちろん電話対応の話し方やビジネスマナーも重要なポイントです。

コールセンターでの看護師採用には、一般的に最低3~5年以上の臨床経験が求められます。
働く場合は、電話対応のマニュアルについては研修サポートが必ずあるので安心して下さい。
初めて病院以外で働こうと考えている人には、転職しやすい仕事のひとつです。

ただ、コールセンターと一口に言っても、そこで扱う相談内容は多岐にわたり、医療機器メーカーのコールセンターであれば機械にも強い、製薬会社であれば薬の知識も豊富であるなど、自分の得意分野であるかどうかをしっかりと見極めることも大切でしょう。

コールセンター看護師として働くメリット

コールセンターで資格を活かす女性のイメージ写真

コールセンターは24時間体制で相談を受け付けている場合も多く、夜勤につけば病院勤務の時と変わらない給与を得られるのが魅力。実際、働いてから予想以上に給料が高いと感じる人も多いようです。

勤務形態は夜勤のみ、夜勤あり、日勤のみの3パターンをとっているところが多く、休職してブランクのある人や子育て中の看護師が資格を活かせる場としてぴったりです。雇用形態も正社員とパートから選べるのも便利な点です。