看護師がキャリアや経験を積む理由

群馬の看護師求人で
目指せキャリアアップ♪


認定看護師や専門看護師など、さらなるキャリアや経験を積む看護師が増えています。
ここでは、昨今の看護師がなぜキャリア志向になっているのかを解説していきたいと思います。

経験豊富な看護師ほど厚遇される?

経験豊富な看護師のイメージ写真ご存知の通り、看護師は「准看護師」「正看護師」「認定看護師」「専門看護師」などに分けられています。それぞれ仕事内容に違いがあるだけでなく、待遇や給与面にも差がみられます。

例えば、正看護師であれば病院や病棟が変わっても、仕事内容や給与が大幅に変わることはなく、自分の頑張り次第でそれ相応のキャリアも給与も得られます。しかし、准看護師だと主任になることが難しかったり、昇給しづらい、大学病院では採用されにくいなどの問題があります。

全国的な看護師不足の影響で、今現在、看護業務に従事している看護師のみなさんの負担は増えるばかり。仕事内容にせよ、労働時間にせよ、とてもハードになっており、仕事量に対する給与が少ないと感じている人が大半です。

資格取得を目指す女性のイメージ写真また、日々の業務に忙殺されるあまり、本来自分が希望していた職務に就けていないという看護師も多いのではないでしょうか?

このような、仕事に対して不満を抱えている看護師にとって、積極的に資格を取得したり、勉強に励むことが将来的なキャリアアップに必要不可欠であり、自己防衛の手段のひとつとなっています。

もし、准看護師の資格を持っている人がキャリアアップを目指すならば、まずは正看護師を目指すのがベスト。正看護師がさらなるキャリアを望むなら、認定看護師や専門看護師の資格取得がオススメです。認定看護師も専門看護師も、特定の専門分野で患者のケアにあたる看護師で、一定の条件を満たし試験に合格すると認定が受けられます。

キャリアアップして得られるメリット

  • 職位と給与のアップ
    認定看護師や専門看護師になると、専門的な分野で責任ある立場となり、指導することも出てくるため、必然的に給与が昇給します。
    また、准看護師より正看護師、さらには認定看護師や専門看護師になるほど手当てが多くつく傾向となっており、平均年収でいえば一般の30代正看護師が平均450万円とすると、認定看護師では年収500万円もあり得ます。但し、勤務病棟や、残業などの手当ての有無でも大きく変わりますので注意が必要です。
  • 仕事の幅が広がる
    看護師は医師のサポートをするのが本来の役目で、自らの判断で医療行為を行うことは認められていません。
    認定看護師や専門看護師も、医師の指揮のもとでの看護業務となりますが、研究や教育を行う機会が認められているため、より高度な最先端医療の現場に携われるようになります。
  • 転職に有利
    認定看護師や専門看護師でなくてはできない仕事を病院が求めていたり、資格を持っていることで経験豊かで有能な人材と認められ、良い条件で転職できる可能性が高くなります。
    但し、転職先に認定看護師や専門看護師で活躍している先輩がいないと、実績がなく逆に給与が下がってしまったケースも稀にあるようです。下調べはしっかりと行いましょう。